友人の愚痴はたいてい私のところに流れてきます

自分のことを「俺」とか「僕」とか言ってる女の子を、ごくたまに見かけるんだけど「あたい」って意外と無いなと思ってたら、友人がいつの間にかそんな風な一人称を使っててびっくりした。

日常生活で使ってるのかどうかは知らないけど、ブログでの一人称が「あたい」だった。

別に自分のことなんて、当人の好きに呼べば良いと思うんですけどね。

耳慣れない言葉が出てくると、ちょっと引っかかってしまいますね。

思い返してみればその彼女からくるメールの文中でも「あたい」があったような。

なんで今まで気づかなかったんだろう、よほど興味が無かったのかもしれない。

で、そのあたいちゃん、最近職場の年下の女の子にちょいとなめられ気味のようです。

良く言えば温厚そうな人で、多少無茶を言っても許してくれそうな雰囲気があるんですね。

だから年長者は当然として同年代も勿論、年下の人や初対面の人にまで非常にフレンドリーな様子で接してくると言うことが多々あるそうです。

しかも行く先々で必ずそうだと言うのだから相当な物だと思います。

しかし当人は結かなり気位の高い性格で、少しでもプライドを傷つけられようものなら怒涛の抗議文を送りつけてくるのです。

なぜか私のところに。

先日もバイトで入って来た女子高生に、あたいちゃん唯一の公休を代われと言われた!と言うメールが送られて来ました。

社会はこうして回っているんだなと思いました。
シースリーの口コミが素晴らしい

夏の蒸し暑さをどうかしようと

暑い。日々暑い。心頭滅却すれば云々と言った人に現代日本のヒートアイランド現象をお見舞いしてあげたい気分である。

鍛え抜かれた高校球児でさえ熱中症で倒れると言うのに中年のだぼついた体にはこの暑さは生死にかかわるのではないだろうかという気がしてならない。

ならエアコンをつけたらどうだと人は言うが、電気代という問題に目をつぶれるような経済力がある輩とは生涯分かり合えそうもない。ここは主婦の知恵を借りようとネットサーフィン(響きが涼しくて好きだ。

季語にすべきだと思うがどうだろう)をした結果、ミントクリスタルなるものを発見する。古臭い言い方だと薄荷脳というそうだ。ようはハッカだ。

スースーするやつだ。この純度が限りなく100%に近いハッカのクリスタルがネットでお手軽に入手できるらしい。しかも主婦たちがコスパに優れてると言うんだから間違いないだろう。

これをお湯またはアルコールで溶かして体に塗ったりお風呂に入れたりすると天国が見えるらしい。ただし量を間違えると地獄いきだという。面白いと思う。早速ぽちる。明日には届くらしい便利だ。

なんでも買えるなネットは。おまけに翌日配達だ。いったい誰がこのシステムを支えているのか考えると若干怖い気もするがこの暑さだ。早く届けてもらいたい。
出会い系でセフレを探すには